MENU

植物性乳酸菌とは

乳酸菌には、動物性の乳酸菌と、植物性の乳酸菌があります。
ヨーグルトや乳酸菌飲料に含有されている乳酸菌は、動物性乳酸菌となり、植物性の乳酸菌として販売されているサプリメントや、乳酸菌飲料は非常に数少ないとされています。
植物性乳酸菌は元々、漬物から発見された乳酸菌であり、塩分に強く、そして体内に入っても胃酸に負けないという事が特徴です。そのため、生きて腸内まで届きやすく、そして善玉菌を増やすために活躍するため、乳酸菌の効果を得やすいとされています。漬物に入っている乳酸菌となるため、毎日の食事から摂取しやすいのではないかと感じるような人も多いかと思いますが、漬物に含有されている量が少ないため、サプリメントや、乳酸菌飲料に加工されている物を選ぶ必要があるのですが、動物性乳酸菌で作られている乳酸菌飲料や、乳酸菌サプリに比べ、価格が割高であると感じる人が多いとされています。
植物性乳酸菌の効果も、動物性乳酸菌と同じように、効果は人によって異なりますから、腸内環境が良くなる人もいれば、全く効果がないと感じる人もいます。ですが、比較的、植物性乳酸菌を利用した乳酸菌サプリを服用し、効果が出なかったというような人の方が少ないとされており、乳酸菌としては、高評価を得ているとされています。植物性乳酸菌を利用している乳酸菌サプリは、それほど数多くありません。そのため、他の商品と比較して選ぶという事が出来ないのですが、動物性乳酸菌の効果が出にくい場合には、試してみると良いでしょう。

このページの先頭へ